⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

Octane
vol.30 マツダMX-5 ミアータ

出版社
SHIRO
ジャンル
娯楽・トレンド・趣味・車
配信期間
2021/06/25まで

目次

AD
目次
Octane News
マツダMX-5 今やまぎれもないクラシック
"4頭立て戦闘馬車"の伝説
Ferrari Monza SP1
隠された美徳
紳士のレース録
世紀の対決、再び
ローバー最後の雄叫び
ザ・峠マシン!
四輪駆動の過去と未来
3つの観点から辿るアルファロメオの110周年
「趣味の車」の世界をより広くガレーヂ伊太利屋だからこそ、できること
なぜ、いま初代ロードスターなのか
長く愛されてきた車を愛でる文化を育てたい マツダのNAロードスターレストアサービス
ドイツから広島へ 大冒険を果たしたNSU Ro80
重厚さと軽快さの見事な両立 ベントレー コンチネンタル GT V8
現代へと受け継がれるスピリット アルピーヌA110が辿ってきたヒストリー
EURO PORT COLLECTION Vol.15 Ride VIP?
雑誌で見たテスタロッサの低さがナカムラの人生を変えた
世にも数奇な物語 ランボルギーニ・カウンタックLP400S #1121026
"100%フェミニン"なレーシングチーム
B&B Italia 3人の巨匠が提案するアウトドア・リビング
時計にもある、多彩なオークションの世界
Auto Speak 第30回 ガスタービン車
Automobilia 第22回 日本のホビーショップ
2020年 春に予定されていたイベント
Octane Information
「代官山 蔦屋書店」が薦める"今読んでおきたい"車の本
レカロシート誕生秘話
Auction Result
Octane Market
バックナンバー案内
読者アンケート
奥付
裏表紙

目次を表示

出版社
SHIRO
ジャンル
娯楽・トレンド・趣味・車
配信期間
2021/06/25まで

目次

AD
目次
Octane News
マツダMX-5 今やまぎれもないクラシック
"4頭立て戦闘馬車"の伝説
Ferrari Monza SP1
隠された美徳
紳士のレース録
世紀の対決、再び
ローバー最後の雄叫び
ザ・峠マシン!
四輪駆動の過去と未来
3つの観点から辿るアルファロメオの110周年
「趣味の車」の世界をより広くガレーヂ伊太利屋だからこそ、できること
なぜ、いま初代ロードスターなのか
長く愛されてきた車を愛でる文化を育てたい マツダのNAロードスターレストアサービス
ドイツから広島へ 大冒険を果たしたNSU Ro80
重厚さと軽快さの見事な両立 ベントレー コンチネンタル GT V8
現代へと受け継がれるスピリット アルピーヌA110が辿ってきたヒストリー
EURO PORT COLLECTION Vol.15 Ride VIP?
雑誌で見たテスタロッサの低さがナカムラの人生を変えた
世にも数奇な物語 ランボルギーニ・カウンタックLP400S #1121026
"100%フェミニン"なレーシングチーム
B&B Italia 3人の巨匠が提案するアウトドア・リビング
時計にもある、多彩なオークションの世界
Auto Speak 第30回 ガスタービン車
Automobilia 第22回 日本のホビーショップ
2020年 春に予定されていたイベント
Octane Information
「代官山 蔦屋書店」が薦める"今読んでおきたい"車の本
レカロシート誕生秘話
Auction Result
Octane Market
バックナンバー案内
読者アンケート
奥付
裏表紙

目次を表示

バックナンバー


雑誌説明

Octaneは、2003年に英国で創刊された「英国で一番新しい“旧い”クルマの雑誌」です。彼らの造り出す、従来の雑誌の型にはまらない、大胆かつ繊細な構成、ロードムービーのようなヴィジュアルは、瞬く間に英国のエンスージァスト(=マニアックでハイエンドなクルマ好き)をも取り込み、いまや英国で一番売れているヴィンテージ&パフォーマンスカー雑誌となりました。そして、その世界一美しく面白いと評される誌面は、国境を越えて広がりを見せ、2012年春からフランス語版、イタリア語版の出版も始まるなど、ワールドワイドな展開が始まっており、日本語版の発行はその一環として位置づけられています。 昨今の日本は若者のクルマ離れや環境問題など、自動車社 会の変化が囁かれていますが、一方で世界有数の自動車大国であり、アジアにおいて最も成熟した自動車文化の素地をもつ国でもあります。 いまや個人が所有する“走行可能なF1 ”は 20 台以上を数えるなど、世界でも屈指の質を誇るコレクターが日本各地に存在し、究極の自動車趣味といえるヴィンテージカーの世界は、バブル期よりもさらに深化しています。そう、今の日本には様々なモノを味わい尽くしてきた趣味人たちが、アガリ(=集大成)としてヴィンテージカーを楽しむ......というトレンドが 確かに存在するのです。 そんな彼らの興味の対象はクルマだけにとどまらず、ガレージ、自転車、カメラ、時計、ファッションなど、際限なく広がりをみせるのが特徴です。しかし、今の日本には、彼らのニーズにマッチする上質な自動車雑誌は残念ながら存在しません。自動車文化先進国である英国発のOctaneこそが、そんな彼らの欲求を満たす唯一の媒体として機能するのです。


雑誌一覧

TOP