⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

男の隠れ家
2020年11月号 No.290

出版社
三栄
ジャンル
グルメ・料理・女性ライフスタイル
配信期間
2021/09/26まで

目次

目次
Person of the month
知花くらら 日々是好日
MONTHLY TOPIC 雄大な自然を感じながら直火が愉しめるキャンプ場
秋の夜長を焚き火の前で過ごす──はじめませんか? ソロキャンプ。
1 Hideaway Camp 信州伊那谷の山の奥深く隠れ家のような空間で過ごす。
2 Hiking Camp 東京の奥座敷で満喫する地元の味とたっぷりの自然。
3 Seakayak Camp 大海原を自在に散策した後は伊豆の美味で至福の酒宴を。
4 Seafood BBQ Camp 旬の味覚を存分に味わう炭火の香り漂う秋夜。
5 Hammock Camp 秋空の下ゆらゆら揺れる焚き火の煙に包まれながら。
6 Highland Camp 虫の音響くカラマツ林 浅間山麓に抱かれ過ごす一夜。
秋のソロキャンプに必携! 焚き火ギアCATALOG
ソロキャンパーなら1枚は持っていたい いま、大人気のミニ鉄板
キャンプの良き相棒になる 「切る」道具
スーパーカブで行くひとりキャンプ旅 トコトコのんびり“カブキャンプ”テントを持てば気ままな自由旅
自分だけの特別な空間を演出 SHELTER & TARP
IT’S NO RULE LAND ROVER DEFENDER110
和歌山県かつらぎ町発 アウトドアフリーク大注目! Orangeのヒミツ
スマートチョイス
「男の隠れ家」セレクトショップ
インフォメーション
隠れ家通信/編集部だより
読者プレゼント/アンケートのお願い
エンターテインメント トピックス
時空旅人 バックナンバー
奥付/次号予告
泉麻人 あの名車がいた昭和風景
裏表紙

目次を表示

出版社
三栄
ジャンル
グルメ・料理・女性ライフスタイル
配信期間
2021/09/26まで

目次

目次
Person of the month
知花くらら 日々是好日
MONTHLY TOPIC 雄大な自然を感じながら直火が愉しめるキャンプ場
秋の夜長を焚き火の前で過ごす──はじめませんか? ソロキャンプ。
1 Hideaway Camp 信州伊那谷の山の奥深く隠れ家のような空間で過ごす。
2 Hiking Camp 東京の奥座敷で満喫する地元の味とたっぷりの自然。
3 Seakayak Camp 大海原を自在に散策した後は伊豆の美味で至福の酒宴を。
4 Seafood BBQ Camp 旬の味覚を存分に味わう炭火の香り漂う秋夜。
5 Hammock Camp 秋空の下ゆらゆら揺れる焚き火の煙に包まれながら。
6 Highland Camp 虫の音響くカラマツ林 浅間山麓に抱かれ過ごす一夜。
秋のソロキャンプに必携! 焚き火ギアCATALOG
ソロキャンパーなら1枚は持っていたい いま、大人気のミニ鉄板
キャンプの良き相棒になる 「切る」道具
スーパーカブで行くひとりキャンプ旅 トコトコのんびり“カブキャンプ”テントを持てば気ままな自由旅
自分だけの特別な空間を演出 SHELTER & TARP
IT’S NO RULE LAND ROVER DEFENDER110
和歌山県かつらぎ町発 アウトドアフリーク大注目! Orangeのヒミツ
スマートチョイス
「男の隠れ家」セレクトショップ
インフォメーション
隠れ家通信/編集部だより
読者プレゼント/アンケートのお願い
エンターテインメント トピックス
時空旅人 バックナンバー
奥付/次号予告
泉麻人 あの名車がいた昭和風景
裏表紙

目次を表示

バックナンバー


雑誌説明

男の隠れ家は三栄書房から毎月27日に発行されている月刊誌。 1997年に創刊され、毎号独特のアングルによる味わい深い写真から、中高年の男性を中心に幅広い層の読者から人気のある雑誌です。創刊当初は、ヨット、書斎、マイホーム、別荘、お座敷遊びなど・・・まさに雑誌のタイトルどおり「隠れ家」を持つことができる男性富裕層向けの特集がメインでしたが、2004年より、時代の流れとともに「大人の等身大の楽しみ」をコンセプトとして大きく方針展開しました。夢みるような贅沢ではなく、50代、60代の誰もが手の届く、精神的な贅沢。例えばローカル線の旅や昔町逍遥、温泉、ジャズ、蕎麦などの身近な楽しみを特集テーマとするようになりました。男の隠れ家と言えば、ボリューム満点の「1特集主義」ですが、なかでも人気特集の一つは「ローカル線」です。自由な誌面構成が特色で、一つのローカル路線を紹介するのに、8ページも使ったりしています。なかには、列車が停車していない2本のレールのみが写った写真だけに1ページを使う場合もあります。そんな文字もない、説明もない情景写真を多用することで、列車がホームに入ってくる気配や列車が通った後の余韻など、読者の感性で「バーチャル体験」してもらえるような誌面作りが特徴。旅に出たいと思っていても働き盛りの男性読者はなかなか行く機会がない。読者にはあたかもその地へ行った気になってもらいたい。そして「いつかはいきたいな」という夢をみていただきたいという思いが誌面に込められています。


雑誌一覧

TOP