⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

男の隠れ家
2021年3月号 No.294

出版社
三栄
ジャンル
グルメ・料理・女性ライフスタイル
配信期間
2022/01/27まで

目次

目次
Person of the month Vol.214 小澤征悦(俳優)
バイきんぐ 西村のオレのキャンプ道
知花くらら 日々是好日
全国のホームセンター 最新&人気の店舗セレクション
秘密基地のような小さな書斎。
 1 オープン棚で開放的にしたことで快適な仕事空間に[福田邸]
 2 本棚に囲まれた籠り空間は子どもの頃に憧れた秘密基地[C邸]
 3 可動式の本棚で囲った書斎はリモートワークの強い味方[M.U邸]
 4 リビングの片隅に設置した、壁に囲まれたひとり書斎[M邸]
 5 生活の中心、家族憩いの場を見渡せるオープンな空間[下田邸]
 6 生活の中心の場に設けた雰囲気一変の仕事空間[川村邸]
 7 幅60cm弱の小さな書斎。狭いからこそ仕事に集中[M邸]
 8 階段下の空間を有効利用。適度な籠り感と開放感[M.I邸]
 9 ONとOFFをエリアで分ける「最高にちょうどいい」マイルーム[LaLa邸]
 10 生活の場とワークスペースを緩く分けた籠れる家庭内オフィス[Y.I邸]
 11 夫婦それぞれで持つ小さな書斎。階を違えたワークスペース[M邸]
 12 限られたスペースを活かす開放的でミニマムな仕事場[丸山邸]
 13 仕事場の一部に個のスペース。パブリックとプライベートを分ける[戸田邸]
 14 既存の書斎を使いやすいようにDIYで改造した2畳空間[ヤガー邸]
 15 2階踊り場に設置された面した金網に囲まれる開放スペース[波多野邸]
 column 自分だけの隠れ家書斎 RoomClipユーザーの個性派ワークスペース
 16 和風空間の中にもマッチする狭いながらも快適なひとりエリア[K邸]
 17 適度な距離感が魅力のリビング片隅のワークスペース[N邸]
 18 本に囲まれた小さな書斎は籠ってくつろぐ我が家の図書室[小林邸]
 19 森の入り口をイメージ、細い廊下から籠り空間へ[M.M邸]
 20 ワークスペースをシックに飾るアンティーク雑貨たち[アンソニー邸]
 21 ガラス戸で仕切られた、念願の明るいワークスペース[N邸]
 22 90cmの壁1枚で隔てる書斎は家族との良好な距離感[Y邸]
 23 大きなワンルームスペースに造った独立感のある書斎&仕事エリア[S邸]
 24 リビングの一角を仕事エリアに。いつでも家族の気配を感じて[O邸]
 25 庭に造った小屋は自分だけの秘密空間[内木場邸]/26 リビングを見通す小さな半籠り部屋[カズマ邸]
 27 玄関脇の狭小空間をミニ書斎で有効活用[松田邸]/28 狭い空間でも快適!!居心地の良い秘密基地[GO!!Planning邸]
 29 リビングの片隅に設けた自分空間[大賀邸]/30 クローゼットを改造、センスが光る自宅オフィス[井上邸]
 31 DIYで工夫を凝らした自分だけのオリジナル書斎[ニシヤマ邸]/32 唯一無二の円形空間、異次元的な書斎部屋[佐藤邸]
 33 土間から続く快適空間、シンプル書斎は心地良し[生島邸]/34 天井までの収納棚がこだわりの秘密基地[T.H邸]
 35 メリハリ時間を生む半個室のスケルトン書斎[NAO邸]/36 特別な入り口を潜ればそこには私空間が[I邸]
 37 スマートさを追求し、使い勝手が良い部屋へ[となり邸]/38 イメージしたのはClean&Minimal[田中邸]
 39 大きなガラス窓で閉塞感なしの空間を演出[eee_hou邸]/40 壁一面が本で埋まったDIYの屋根裏部屋[大野邸]
存分に趣味を楽しめる生活 田舎暮らしの趣味部屋
小さな秘密基地にカスタマイズ 家具・雑貨セレクション
ここが私の趣味空間 DIY派のNatural life
前略、高座から──。 告知
新しい時代の働き方と癒され方 南紀白浜×ワーケーションStyle
スマートチョイス
「男の隠れ家」セレクトショップ
インフォメーション
隠れ家通信/編集部だより
読者プレゼント/アンケートのお願い
エンターテインメント トピックス
時空旅人 バックナンバー
奥付/次号予告
泉麻人 あの

目次を表示

出版社
三栄
ジャンル
グルメ・料理・女性ライフスタイル
配信期間
2022/01/27まで

目次

目次
Person of the month Vol.214 小澤征悦(俳優)
バイきんぐ 西村のオレのキャンプ道
知花くらら 日々是好日
全国のホームセンター 最新&人気の店舗セレクション
秘密基地のような小さな書斎。
 1 オープン棚で開放的にしたことで快適な仕事空間に[福田邸]
 2 本棚に囲まれた籠り空間は子どもの頃に憧れた秘密基地[C邸]
 3 可動式の本棚で囲った書斎はリモートワークの強い味方[M.U邸]
 4 リビングの片隅に設置した、壁に囲まれたひとり書斎[M邸]
 5 生活の中心、家族憩いの場を見渡せるオープンな空間[下田邸]
 6 生活の中心の場に設けた雰囲気一変の仕事空間[川村邸]
 7 幅60cm弱の小さな書斎。狭いからこそ仕事に集中[M邸]
 8 階段下の空間を有効利用。適度な籠り感と開放感[M.I邸]
 9 ONとOFFをエリアで分ける「最高にちょうどいい」マイルーム[LaLa邸]
 10 生活の場とワークスペースを緩く分けた籠れる家庭内オフィス[Y.I邸]
 11 夫婦それぞれで持つ小さな書斎。階を違えたワークスペース[M邸]
 12 限られたスペースを活かす開放的でミニマムな仕事場[丸山邸]
 13 仕事場の一部に個のスペース。パブリックとプライベートを分ける[戸田邸]
 14 既存の書斎を使いやすいようにDIYで改造した2畳空間[ヤガー邸]
 15 2階踊り場に設置された面した金網に囲まれる開放スペース[波多野邸]
 column 自分だけの隠れ家書斎 RoomClipユーザーの個性派ワークスペース
 16 和風空間の中にもマッチする狭いながらも快適なひとりエリア[K邸]
 17 適度な距離感が魅力のリビング片隅のワークスペース[N邸]
 18 本に囲まれた小さな書斎は籠ってくつろぐ我が家の図書室[小林邸]
 19 森の入り口をイメージ、細い廊下から籠り空間へ[M.M邸]
 20 ワークスペースをシックに飾るアンティーク雑貨たち[アンソニー邸]
 21 ガラス戸で仕切られた、念願の明るいワークスペース[N邸]
 22 90cmの壁1枚で隔てる書斎は家族との良好な距離感[Y邸]
 23 大きなワンルームスペースに造った独立感のある書斎&仕事エリア[S邸]
 24 リビングの一角を仕事エリアに。いつでも家族の気配を感じて[O邸]
 25 庭に造った小屋は自分だけの秘密空間[内木場邸]/26 リビングを見通す小さな半籠り部屋[カズマ邸]
 27 玄関脇の狭小空間をミニ書斎で有効活用[松田邸]/28 狭い空間でも快適!!居心地の良い秘密基地[GO!!Planning邸]
 29 リビングの片隅に設けた自分空間[大賀邸]/30 クローゼットを改造、センスが光る自宅オフィス[井上邸]
 31 DIYで工夫を凝らした自分だけのオリジナル書斎[ニシヤマ邸]/32 唯一無二の円形空間、異次元的な書斎部屋[佐藤邸]
 33 土間から続く快適空間、シンプル書斎は心地良し[生島邸]/34 天井までの収納棚がこだわりの秘密基地[T.H邸]
 35 メリハリ時間を生む半個室のスケルトン書斎[NAO邸]/36 特別な入り口を潜ればそこには私空間が[I邸]
 37 スマートさを追求し、使い勝手が良い部屋へ[となり邸]/38 イメージしたのはClean&Minimal[田中邸]
 39 大きなガラス窓で閉塞感なしの空間を演出[eee_hou邸]/40 壁一面が本で埋まったDIYの屋根裏部屋[大野邸]
存分に趣味を楽しめる生活 田舎暮らしの趣味部屋
小さな秘密基地にカスタマイズ 家具・雑貨セレクション
ここが私の趣味空間 DIY派のNatural life
前略、高座から──。 告知
新しい時代の働き方と癒され方 南紀白浜×ワーケーションStyle
スマートチョイス
「男の隠れ家」セレクトショップ
インフォメーション
隠れ家通信/編集部だより
読者プレゼント/アンケートのお願い
エンターテインメント トピックス
時空旅人 バックナンバー
奥付/次号予告
泉麻人 あの

目次を表示

バックナンバー


雑誌説明

男の隠れ家は三栄書房から毎月27日に発行されている月刊誌。 1997年に創刊され、毎号独特のアングルによる味わい深い写真から、中高年の男性を中心に幅広い層の読者から人気のある雑誌です。創刊当初は、ヨット、書斎、マイホーム、別荘、お座敷遊びなど・・・まさに雑誌のタイトルどおり「隠れ家」を持つことができる男性富裕層向けの特集がメインでしたが、2004年より、時代の流れとともに「大人の等身大の楽しみ」をコンセプトとして大きく方針展開しました。夢みるような贅沢ではなく、50代、60代の誰もが手の届く、精神的な贅沢。例えばローカル線の旅や昔町逍遥、温泉、ジャズ、蕎麦などの身近な楽しみを特集テーマとするようになりました。男の隠れ家と言えば、ボリューム満点の「1特集主義」ですが、なかでも人気特集の一つは「ローカル線」です。自由な誌面構成が特色で、一つのローカル路線を紹介するのに、8ページも使ったりしています。なかには、列車が停車していない2本のレールのみが写った写真だけに1ページを使う場合もあります。そんな文字もない、説明もない情景写真を多用することで、列車がホームに入ってくる気配や列車が通った後の余韻など、読者の感性で「バーチャル体験」してもらえるような誌面作りが特徴。旅に出たいと思っていても働き盛りの男性読者はなかなか行く機会がない。読者にはあたかもその地へ行った気になってもらいたい。そして「いつかはいきたいな」という夢をみていただきたいという思いが誌面に込められています。


雑誌一覧

TOP