⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

COURRiER Japon
2021年11月号

出版社
講談社
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/01/01まで

目次

ご利用の前に
目次
経済学者トマ・ピケティは「奴隷制の賠償問題」をなぜいま“蒸し返す”のか
安楽死──それは希望か、絶望か
日本で、安楽死は認められるべきなのか?
「安楽死のリミットをどこに設けるか」先進国オランダで物議
スペインで初めて安楽死を施し、有罪となった医師の告白「私たちには、死に付き添う用意はできていない」
65歳で認知症と診断されたとき、私は自ら死ぬことを選んだ
ミシェル・ウエルベック「安楽死を合法化する国、社会、文明は敬意に値しない」
壮大すぎるモデルナの野望「新型コロナワクチンは手始めにすぎない」
日本でなぜポピュリズムが台頭しないのかを中東メディアが分析
「身体拘束」に「幽閉」……日本の精神科病院の“深すぎる闇”元患者や遺族が語る残虐性
日本企業は大坂なおみを広告に打ち出すだけでなく、自らもその価値観を実現すべきだ

目次を表示

出版社
講談社
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/01/01まで

目次

ご利用の前に
目次
経済学者トマ・ピケティは「奴隷制の賠償問題」をなぜいま“蒸し返す”のか
安楽死──それは希望か、絶望か
日本で、安楽死は認められるべきなのか?
「安楽死のリミットをどこに設けるか」先進国オランダで物議
スペインで初めて安楽死を施し、有罪となった医師の告白「私たちには、死に付き添う用意はできていない」
65歳で認知症と診断されたとき、私は自ら死ぬことを選んだ
ミシェル・ウエルベック「安楽死を合法化する国、社会、文明は敬意に値しない」
壮大すぎるモデルナの野望「新型コロナワクチンは手始めにすぎない」
日本でなぜポピュリズムが台頭しないのかを中東メディアが分析
「身体拘束」に「幽閉」……日本の精神科病院の“深すぎる闇”元患者や遺族が語る残虐性
日本企業は大坂なおみを広告に打ち出すだけでなく、自らもその価値観を実現すべきだ

目次を表示

バックナンバー


雑誌説明

COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)は講談社が発行する2005年創刊・毎月発行のデジタルグローバルニュースメディアです。創刊から月刊誌として刊行され、2016年からはデジタルサービスに移行しました。ニューヨーク・タイムズ、ガーディアンなど、世界の一流メディアからライセンスを取得し、最も重要とされる情報を厳選し、記事を翻訳・編集。日本で唯一の世界標準のキュレーションメディアとして、グローバルに活躍するビジネスパーソンから支持を得ています。世界のニュースや新しい価値観を、正確・丁寧に伝え、読者の自己向上、成長への自己投資を支援。情報の質と量を求める、グローバルなビジネスパーソンにオススメの情報マガジンです。

雑誌一覧

TOP