⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

ニューズウィーク日本版
1月18日号

出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/04/12まで

目次

AD
Perspectives
目次
In Focus
FRANCE 仏大統領選でマクロン再選に黄信号
KAZAKHSTAN 騒乱で中国軍派遣というシナリオ
中国「香港民族」の終わらない受難──楊海英
視点 コロナ禍はむしろ格差を改善した──ダニエル・グロー
米政治 ハリス支持率急落の真相──サム・ポトリッキオ
絶体絶命なバイデンの新年の決意──ロブ・ロジャース&パックン
変異株 新型コロナが「ただの風邪」になる日
グラフィック コロナ変異株の流行に地域差あり
解説 オミクロン株の正体は?
闘病記 私は変異株2種に感染した
ロシアの次の標的はカザフか
南アジア パキスタンとタリバンの蜜月に暗雲が
想定外続きの韓国大統領選
中国 「ゼロコロナ」を目指すロックダウンに悲鳴
CCCメディアハウス話題の本
トルコ危機から学ぶべき教訓──加谷珪一
祖父の携帯電話に女性のメッセージが
森保に刺さる8年前の「約束」── 石戸諭
『夜明け前のうた』の上映中止は深刻な危機──森達也
米社会 国を支えるインターンのブラックすぎる待遇
政治家 メルケルのフェミニスト宣言
The Extra Edge Challenger
Drama ドラマ版『時の車輪』がすごい理由
Movies ケニー・Gの魅力、酷評の時代を超えて
Movies O・コールマンが語る主演作2本の見どころ
History マルコムX暗殺の真犯人は誰なのか
Musical ミュージカルの巨星ソンドハイムのベスト5作
My Turn 吃音に悩みながらもアメフトで成長できた
定期購読のご案内
PenBooksのご案内
Picture Power 故郷を奪い合う係争地に生きて
News English & Letters
CCCメディアハウス話題の本と会員登録のご案内
無言の会釈に潜む日本への本音

目次を表示

出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/04/12まで

目次

AD
Perspectives
目次
In Focus
FRANCE 仏大統領選でマクロン再選に黄信号
KAZAKHSTAN 騒乱で中国軍派遣というシナリオ
中国「香港民族」の終わらない受難──楊海英
視点 コロナ禍はむしろ格差を改善した──ダニエル・グロー
米政治 ハリス支持率急落の真相──サム・ポトリッキオ
絶体絶命なバイデンの新年の決意──ロブ・ロジャース&パックン
変異株 新型コロナが「ただの風邪」になる日
グラフィック コロナ変異株の流行に地域差あり
解説 オミクロン株の正体は?
闘病記 私は変異株2種に感染した
ロシアの次の標的はカザフか
南アジア パキスタンとタリバンの蜜月に暗雲が
想定外続きの韓国大統領選
中国 「ゼロコロナ」を目指すロックダウンに悲鳴
CCCメディアハウス話題の本
トルコ危機から学ぶべき教訓──加谷珪一
祖父の携帯電話に女性のメッセージが
森保に刺さる8年前の「約束」── 石戸諭
『夜明け前のうた』の上映中止は深刻な危機──森達也
米社会 国を支えるインターンのブラックすぎる待遇
政治家 メルケルのフェミニスト宣言
The Extra Edge Challenger
Drama ドラマ版『時の車輪』がすごい理由
Movies ケニー・Gの魅力、酷評の時代を超えて
Movies O・コールマンが語る主演作2本の見どころ
History マルコムX暗殺の真犯人は誰なのか
Musical ミュージカルの巨星ソンドハイムのベスト5作
My Turn 吃音に悩みながらもアメフトで成長できた
定期購読のご案内
PenBooksのご案内
Picture Power 故郷を奪い合う係争地に生きて
News English & Letters
CCCメディアハウス話題の本と会員登録のご案内
無言の会釈に潜む日本への本音

目次を表示

バックナンバー


雑誌説明

ニューズウィーク日本版はCCCメディアハウスが毎週火曜日に発行する週刊誌です。政治・経済・国際情勢など、グローバルな視点から徹底した報道をお届けする『ニューズウィーク日本版』。ネット社会だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報を求め、「日本だけのニュース」ではない「世界と同じニュース」を読む価値を知る皆様に読まれています。ニュースの裏側にある事実を掘り下げ、その意味を探り、徹底した報道をする──英語版Newsweekはそんな編集方針のもとに、1933年に創刊されました。60年代になると、ベトナム戦争や公民権運動などを早くから積極的に特集して、その「時代を読む目」が高く評価され、急速に部数を拡大しました。アメリカの一般誌で初めて表紙にビートルズを載せたのもNewsweekです。世界情勢の報道とあわせて、社会や文化のテーマにも力を入れる姿勢は今も貫かれており、90年代以降は同性愛者やエイズの問題、近年は環境問題やテクノロジー関連にも多くのページを割いています。現在、全米で300万部以上、全世界で400万部近い発行部数をもち、TIMEとともにアメリカを代表するニュース週刊誌となっています。

雑誌一覧

TOP