⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

ニューズウィーク日本版
6月14日号

週刊

出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/09/07まで

目次

AD
Perspectives
目次
In Focus
UKRAINE 開戦100日、ウクライナ戦争の五里霧中
UNITED STATES サンドバーグ退任が意味するもの
韓国 「中国を恐れない」尹政権の胸算用──木村幹
主張 ダボスが告げた西側ブランドの終焉──アンドレス・ベラスコ
視点 それでも米国は銃を手放せない──サム・ポトリッキオ
銃乱射の裏にでたらめ陰謀論あり──ロブ・ロジャース&パックン
ビジネス 巨大テック企業に鉄槌が下されるとき
司法 大手SNSを最高裁が縛る日
米議会 改革つぶしを狙うオオカミ少年の遠吠え
米機密情報「プーチンは癌」
東南アジア 忘れられたミャンマーの悲劇
円安が「追い風」でなくなった理由── 加谷珪一
恩知らずの姪と甥に財産を遺すべき?
ノーベル賞受賞者を盲信できるか── 石戸諭
『橋のない川』は過去形になっていない──森達也
The Extra Edge Challenger
コロナ対策費を削る愚行の代償
金融 年金をビットコインで?
Music ひと皮むけたハリー・スタイルズの魅力が炸裂
Movies 36年ぶりに『トップガン』が帰って来た!
Drama 「元祖インフルエンサー」は広告看板の女
Health 避妊に今こそパイプカットを!
Health コロナ禍が生んだ無菌信仰の弊害
Festival 音楽フェスに燃える夏がついに
CCCメディアハウス話題の本
My Turn UFOの真実はそこにある
定期購読のご案内
Pen最新号のご案内
Picture Power 人道危機国家イエメンを生きる人たち
News English & Letters
CCCメディアハウス話題の本と会員登録のご案内
「技術鎖国」が日本をロシア化する

目次を表示

出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/09/07まで

目次

AD
Perspectives
目次
In Focus
UKRAINE 開戦100日、ウクライナ戦争の五里霧中
UNITED STATES サンドバーグ退任が意味するもの
韓国 「中国を恐れない」尹政権の胸算用──木村幹
主張 ダボスが告げた西側ブランドの終焉──アンドレス・ベラスコ
視点 それでも米国は銃を手放せない──サム・ポトリッキオ
銃乱射の裏にでたらめ陰謀論あり──ロブ・ロジャース&パックン
ビジネス 巨大テック企業に鉄槌が下されるとき
司法 大手SNSを最高裁が縛る日
米議会 改革つぶしを狙うオオカミ少年の遠吠え
米機密情報「プーチンは癌」
東南アジア 忘れられたミャンマーの悲劇
円安が「追い風」でなくなった理由── 加谷珪一
恩知らずの姪と甥に財産を遺すべき?
ノーベル賞受賞者を盲信できるか── 石戸諭
『橋のない川』は過去形になっていない──森達也
The Extra Edge Challenger
コロナ対策費を削る愚行の代償
金融 年金をビットコインで?
Music ひと皮むけたハリー・スタイルズの魅力が炸裂
Movies 36年ぶりに『トップガン』が帰って来た!
Drama 「元祖インフルエンサー」は広告看板の女
Health 避妊に今こそパイプカットを!
Health コロナ禍が生んだ無菌信仰の弊害
Festival 音楽フェスに燃える夏がついに
CCCメディアハウス話題の本
My Turn UFOの真実はそこにある
定期購読のご案内
Pen最新号のご案内
Picture Power 人道危機国家イエメンを生きる人たち
News English & Letters
CCCメディアハウス話題の本と会員登録のご案内
「技術鎖国」が日本をロシア化する

目次を表示

バックナンバー


雑誌説明

ニューズウィーク日本版はCCCメディアハウスが毎週火曜日に発行する週刊誌です。政治・経済・国際情勢など、グローバルな視点から徹底した報道をお届けする『ニューズウィーク日本版』。ネット社会だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報を求め、「日本だけのニュース」ではない「世界と同じニュース」を読む価値を知る皆様に読まれています。ニュースの裏側にある事実を掘り下げ、その意味を探り、徹底した報道をする──英語版Newsweekはそんな編集方針のもとに、1933年に創刊されました。60年代になると、ベトナム戦争や公民権運動などを早くから積極的に特集して、その「時代を読む目」が高く評価され、急速に部数を拡大しました。アメリカの一般誌で初めて表紙にビートルズを載せたのもNewsweekです。世界情勢の報道とあわせて、社会や文化のテーマにも力を入れる姿勢は今も貫かれており、90年代以降は同性愛者やエイズの問題、近年は環境問題やテクノロジー関連にも多くのページを割いています。現在、全米で300万部以上、全世界で400万部近い発行部数をもち、TIMEとともにアメリカを代表するニュース週刊誌となっています。

雑誌一覧

TOP