⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

ニューズウィーク日本版
6月28日号

週刊

出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/09/21まで

目次

AD
Perspectives
目次
In Focus
UNITED STATES FRBの決定でボルカー・ショック再び?
ECUADOR 燃料価格高騰に先住民が大爆発
英国 「ポスト・エリザベス」の英王室の姿──コリン・ジョイス
中東 終わらぬパレスチナ占領の現在地──シュロモ・ベンアミ
視点 ガソリン高騰でバイデン離れが加速──サム・ポトリッキオ
デップびいきの世論と判決──ロブ・ロジャース&パックン
特別寄稿 沖縄は日本だ、沖縄が日本だ
政治 「オール沖縄の民意は今も」
社会 絶望は簡単には癒やされない
科学技術 世界とつながる科学の力で経済に希望を
文化 失われた琉球文化の再生を目指して
政治史 真の争点は「基地も経済も」
基地問題 「拡大抑止」の要石にされた島々の苦しみ
主張 私のハンストで浮かび出た日本政治の冷酷
音楽 「島唄」が僕の人生を導いてくれた
フォトエッセー 50年前の沖縄が発する問い
ウクライナ戦争 風向きは変われど、この戦いに勝者なし
経済 空前の西側制裁もロシア社会はどこ吹く風
国連 地に落ちた人権の守護者
The Extra Edge Challenger
「新しい資本主義」の期待と不安──加谷珪一
「食育」で言い争う娘と息子の妻
ふるさと納税の白々しいゲーム── 望月優大
母を撮って内省的な『スープとイデオロギー』── 森達也
ベルギー 植民地支配の罪と向き合う時が来た
研究 銃犯罪の「文脈」を読み解けば
Celebrity ジョニデ勝利の判決は間違いだ
Movies 是枝監督が語る『ベイビー・ブローカー』
Movies トム・クルーズ航空学校で全てを学んだ
定期購読のご案内
CCCメディアハウス話題の本
Health よい夢がつくるよい人生とよいリーダーシップ
My Turn トランプ支持者になった弟の顔
News English & Letters
CCCメディアハウス話題の本と会員登録のご案内
NHK党「帰化候補」騒動への怒り

目次を表示

出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/09/21まで

目次

AD
Perspectives
目次
In Focus
UNITED STATES FRBの決定でボルカー・ショック再び?
ECUADOR 燃料価格高騰に先住民が大爆発
英国 「ポスト・エリザベス」の英王室の姿──コリン・ジョイス
中東 終わらぬパレスチナ占領の現在地──シュロモ・ベンアミ
視点 ガソリン高騰でバイデン離れが加速──サム・ポトリッキオ
デップびいきの世論と判決──ロブ・ロジャース&パックン
特別寄稿 沖縄は日本だ、沖縄が日本だ
政治 「オール沖縄の民意は今も」
社会 絶望は簡単には癒やされない
科学技術 世界とつながる科学の力で経済に希望を
文化 失われた琉球文化の再生を目指して
政治史 真の争点は「基地も経済も」
基地問題 「拡大抑止」の要石にされた島々の苦しみ
主張 私のハンストで浮かび出た日本政治の冷酷
音楽 「島唄」が僕の人生を導いてくれた
フォトエッセー 50年前の沖縄が発する問い
ウクライナ戦争 風向きは変われど、この戦いに勝者なし
経済 空前の西側制裁もロシア社会はどこ吹く風
国連 地に落ちた人権の守護者
The Extra Edge Challenger
「新しい資本主義」の期待と不安──加谷珪一
「食育」で言い争う娘と息子の妻
ふるさと納税の白々しいゲーム── 望月優大
母を撮って内省的な『スープとイデオロギー』── 森達也
ベルギー 植民地支配の罪と向き合う時が来た
研究 銃犯罪の「文脈」を読み解けば
Celebrity ジョニデ勝利の判決は間違いだ
Movies 是枝監督が語る『ベイビー・ブローカー』
Movies トム・クルーズ航空学校で全てを学んだ
定期購読のご案内
CCCメディアハウス話題の本
Health よい夢がつくるよい人生とよいリーダーシップ
My Turn トランプ支持者になった弟の顔
News English & Letters
CCCメディアハウス話題の本と会員登録のご案内
NHK党「帰化候補」騒動への怒り

目次を表示

バックナンバー


雑誌説明

ニューズウィーク日本版はCCCメディアハウスが毎週火曜日に発行する週刊誌です。政治・経済・国際情勢など、グローバルな視点から徹底した報道をお届けする『ニューズウィーク日本版』。ネット社会だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報を求め、「日本だけのニュース」ではない「世界と同じニュース」を読む価値を知る皆様に読まれています。ニュースの裏側にある事実を掘り下げ、その意味を探り、徹底した報道をする──英語版Newsweekはそんな編集方針のもとに、1933年に創刊されました。60年代になると、ベトナム戦争や公民権運動などを早くから積極的に特集して、その「時代を読む目」が高く評価され、急速に部数を拡大しました。アメリカの一般誌で初めて表紙にビートルズを載せたのもNewsweekです。世界情勢の報道とあわせて、社会や文化のテーマにも力を入れる姿勢は今も貫かれており、90年代以降は同性愛者やエイズの問題、近年は環境問題やテクノロジー関連にも多くのページを割いています。現在、全米で300万部以上、全世界で400万部近い発行部数をもち、TIMEとともにアメリカを代表するニュース週刊誌となっています。

雑誌一覧

TOP