首斬り朝 首斬り朝 刀哭の章 | ビューン読み放題スポット|体験版

⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

首斬り朝 刀哭の章(1)

幕臣ではなく浪人の身分のまま、御腰物奉行や町奉行の依頼を請け、刀の斬れ味や鑑定を行なう御様(た...

幕臣ではなく浪人の身分のまま、御腰物奉行や町奉行の依頼を請け、刀の斬れ味や鑑定を行なう御様(ため)し御用の三代・山田朝右衛門。朝右衛門には、家督を継ぐ時に、父の命で、蔭腹を切った父の眉間をたて割りにし、初めての首打ち様(ため)しに、愛した女の首を斬り落としたという凄まじい人生があった……。

シリーズ

青年マンガのおすすめ

TOP