ぼくの西鉄ライオンズ ぼくの西鉄ライオンズ | ビューン読み放題スポット|体験版

⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

ぼくの西鉄ライオンズ(1)

昭和31年、西鉄ライオンズが日本シリーズで初優勝して、博多の町は大騒ぎになる。4年1組の島内先...

昭和31年、西鉄ライオンズが日本シリーズで初優勝して、博多の町は大騒ぎになる。4年1組の島内先生が、西鉄優勝の記念作文集を出そうと言い出した。しかし脱腸で運動が苦手の拓二は、野球のことが判らない。嫌だった脱腸帯をつけてキャッチ・ボールをしてみるが、下手すぎて兄にも相手してもらえなかった。そこへ大投手の稲尾と思われる男の人が現れ、拓二はそのことを作文に書いたのだが…。西鉄ライオンズに沸いた、博多30年代のグラフティ。

シリーズ

青年マンガのおすすめ

TOP