ケイの凄春 ケイの凄春 | ビューン読み放題スポット|体験版

⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

ケイの凄春(6)

父の死より閉ざされて七年(ななとせ)、父の厳命により泳げぬフリをしていた刑一郎(ケイ)だったが...

父の死より閉ざされて七年(ななとせ)、父の厳命により泳げぬフリをしていた刑一郎(ケイ)だったが、ついに晴れの舞台がやってきた。それは水府流水術の初代指南の栄を担って藩候(との)の御前で水の舞を披露することあった。だが、それはケイと可憐の新たな悲劇の始まりでもあった……。絶頂!小池一夫&小島剛夕の愛と感動の時代劇画!

シリーズ

青年マンガのおすすめ

TOP