陽美子 陽美子 千六百年目の襲撃 | ビューン読み放題スポット|体験版

⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

陽美子 千六百年目の襲撃(1)

昭和59年、元旦――。...

昭和59年、元旦――。
私立華文女子学園中等部には、地区をまとめ上げる番長に“姫初め”の相手を献上するというしきたりがあった。

例年は不良グループの女子たちが相手を務めていたが、
新年式に乗り込んできた総番長・村井精司の代理人が指名したのは、
壇上でスピーチを行っていた理事長の娘・影山陽美子で……。

シリーズ

青年マンガのおすすめ

TOP