⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

まんだら屋の良太(52)

あらすじ

月子の夕月荘で板前をする岩井。彼はひとり息子・大輔と九鬼谷へ来て3ヶ月ほどだが、家がボヤに見舞われ、板場が多忙な三が日にもヤケ酒で飲み歩き非難される。 大輔を風呂に入れ寝かしつけ、何かと世話する心配な月子。岩井に話を聞けば、2年前に出ていった妻が温泉町で仲居をやっていると風の噂で知り、追って転々とするももう諦めてここで落ち着くつもりだとこぼす。 数日後、反省しきった岩井は夕月の新年会で、普段は出されないイノシシのボタン鍋を見事にさばく。 その味に感動したとある客が板前に会わせろ、ともの凄い剣幕で押しかけてくるが…

詳細を表示

あらすじ

月子の夕月荘で板前をする岩井。彼はひとり息子・大輔と九鬼谷へ来て3ヶ月ほどだが、家がボヤに見舞われ、板場が多忙な三が日にもヤケ酒で飲み歩き非難される。 大輔を風呂に入れ寝かしつけ、何かと世話する心配な月子。岩井に話を聞けば、2年前に出ていった妻が温泉町で仲居をやっていると風の噂で知り、追って転々とするももう諦めてここで落ち着くつもりだとこぼす。 数日後、反省しきった岩井は夕月の新年会で、普段は出されないイノシシのボタン鍋を見事にさばく。 その味に感動したとある客が板前に会わせろ、ともの凄い剣幕で押しかけてくるが…

詳細を表示

シリーズ

マンガ一覧

ジャンル一覧

TOP