⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

源氏物語(1)

あらすじ

マンガでわかる、古典入門!時代劇画家・とみ新蔵が古典の名作「源氏物語」を緻密で卓越した作画技術で、美麗かつ妖艶にマンガ化しました。「源氏物語」とは平安時代の中頃に紫式部が創作した日本が世界に誇る長編物語であり、容姿、才能などを兼ね備えた主人公の光源氏を通して、恋愛、栄光、没落、権力闘争など、平安時代の貴族社会が描かれています。マンガで簡単に日本古典文学の最高傑作「源氏物語」の世界に浸ることができます。

詳細を表示

あらすじ

マンガでわかる、古典入門!時代劇画家・とみ新蔵が古典の名作「源氏物語」を緻密で卓越した作画技術で、美麗かつ妖艶にマンガ化しました。「源氏物語」とは平安時代の中頃に紫式部が創作した日本が世界に誇る長編物語であり、容姿、才能などを兼ね備えた主人公の光源氏を通して、恋愛、栄光、没落、権力闘争など、平安時代の貴族社会が描かれています。マンガで簡単に日本古典文学の最高傑作「源氏物語」の世界に浸ることができます。

詳細を表示

シリーズ

源氏物語(2)

とみ新蔵

乳母の見舞いに訪れたさい、五条のうらぶれた通りに住む美しい女性と出会う。身分違いと知りつつも彼女の事が気になる源氏は…

源氏物語(3)

とみ新蔵

藤壺の宮は罪を恐れ源氏を遠ざけるようになった。一方で源氏の正妻、葵の上は、紫の上を寵愛する源氏に嫉妬し…

源氏物語(4)

とみ新蔵

生霊と化して源氏と交際する女性を祟ってしまうかつての恋人・六条御息所。その御息所が娘と共に、伊勢へと旅立つと聞いて…

源氏物語(5)

とみ新蔵

朧月夜との密会が知られてしまい罰を受けそうになった源氏は自ら謹慎生活をしようと都を離れ、辺境の地・須磨へと旅立つのだが…

源氏物語(6)

とみ新蔵

罪を許された源氏は政界復帰。源氏の実子である東宮(源氏と藤壺中宮との子)は元服し冷泉院の帝となる。澪標、蓬生、関屋を収録

マンガ一覧

ジャンル一覧

TOP