⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

闇市斬歌(1)

次回更新日
-
作者
政岡としや
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
青年マンガ

あらすじ

戦争が終わって半年目、昭和21年――秩序も警察力も食料もあらゆるものが不足していた時代に、闇市に行けばそこには…何かがあった。その「何か」を求めて飢えた人々が群れ集った。財閥は解体し中小商工業者も統制下で打ちひしがれていた。したがって闇市の支配者は日本経済の支配者でもあった。闇市の中でも一等地中の一等地、新橋を仕切る竹田組、その親分である竹田重吉は泣く子も黙る武闘派でありながら度量が大きく誰にも認められる傑物であった。竹田にひと目でほれ込んだ学生の堀田は、子分にしてほしいと竹田の元を訪れる…任侠と血煙立ち昇るバイオレンス・ロマンの傑作!

詳細を表示

あらすじ

戦争が終わって半年目、昭和21年――秩序も警察力も食料もあらゆるものが不足していた時代に、闇市に行けばそこには…何かがあった。その「何か」を求めて飢えた人々が群れ集った。財閥は解体し中小商工業者も統制下で打ちひしがれていた。したがって闇市の支配者は日本経済の支配者でもあった。闇市の中でも一等地中の一等地、新橋を仕切る竹田組、その親分である竹田重吉は泣く子も黙る武闘派でありながら度量が大きく誰にも認められる傑物であった。竹田にひと目でほれ込んだ学生の堀田は、子分にしてほしいと竹田の元を訪れる…任侠と血煙立ち昇るバイオレンス・ロマンの傑作!

詳細を表示

シリーズ

闇市斬歌(2)

政岡としや

東京のど真ん中・新橋で起こったいわゆる新橋戦争は、竹田組、華僑連合双方に多大な被害を出した後、辛くも竹田が勝利したが…。

闇市斬歌(3)

政岡としや

新橋戦争の混乱の中で生き別れになったままだったみどりと政。落ち延びた新宿で思わぬ再会を果たし、涙を見せる二人だったが…!?

闇市斬歌(4)

政岡としや

四年の勤めを終えて新橋に戻った政。しかしそこにはもう戻る場所はなく…竹田の墓前でみどりと邂逅した政は懐に白刃を抱いて…!

マンガ一覧

ジャンル一覧

TOP