⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

SUGAR(シュガー)(1)

連載

次回更新日
-
作者
新井英樹
出版社
SMART GATE Inc.
ジャンル
青年漫画 スポーツ
タグ
スポーツ
配信期間
2024/07/31まで

あらすじ

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第1発 「初めまして!」第2発 「ま、いんでないかい」第3発 「欣二さんです」第4発 「スローハンドと呼ばれたそうっス」第5発 「発射後、汚れなき頃の話でもひとつ」第6発 「特訓“レイラの穴”・・・・ゆるくねー」第7発 「ちょっといいかも」

詳細を表示

作者
新井英樹
出版社
SMART GATE Inc.
ジャンル
青年漫画 スポーツ
タグ
スポーツ
配信期間
2024/07/31まで

あらすじ

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第1発 「初めまして!」第2発 「ま、いんでないかい」第3発 「欣二さんです」第4発 「スローハンドと呼ばれたそうっス」第5発 「発射後、汚れなき頃の話でもひとつ」第6発 「特訓“レイラの穴”・・・・ゆるくねー」第7発 「ちょっといいかも」

詳細を表示

シリーズ

SUGAR(シュガー)(2)

新井英樹

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第8発 「ヤるべさ」第9発 「かあ~ん!!」第10発 「“男へんに激しく殴りあう”っスか?」第11発 「あったまってきたあ!!」第12発 「見えたあ?」第13発 「ゾゾっ!!」第14発 「胸がこう・・・・デレっと」第15発 「遠くて近い仲?」

SUGAR(シュガー)(3)

新井英樹

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第16発 「わかったような わかんないような」第17発 「はい……東京です」第18発 「男の裸を選びまス」第19発 「オモチャ・・・・かな?」第20発 「構えるだけって言ったべさ!」第21発 「はへんと書いてカケラってところ」第22発 「アピールすることが大事です」第23発 「認定! 東洋太平洋2位」

SUGAR(シュガー)(4)

新井英樹

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第24発 「まさか、お願いされるとは」第25発 「NGワード」第26発 「一回と一回なのに」第27発 「指の名前を言ってみろ」第28発 「さしずめ、バッドボーイズ?」第29発 「どーも誤解されやすいタチでして」第30発 「嫌いな言葉? はい『努力』です」第31発 「スプリング ハズ カム!」

SUGAR(シュガー)(5)

新井英樹

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第32発 「どうなの? ワープは元気かい?」第33発 「JR水道橋駅下車 東京ドーム手前あたり」第34発 「この顔でアレですよ」第35発 「本籍暴走族、現住所世界チャンピオン」第36発 「大林くん、ボクシングだけが人生じゃないよ」第37発 「シリアス17(セブンティーン)」第38発 「滞りなくリングの上」第39発 「『ある視点』×4」

SUGAR(シュガー)(6)

新井英樹

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第40発 「おまえたちは奴隷だ 敵じゃない」第41発 「Shall we dance? (訳:踊るぞ この野郎)」第42発 「カシオリ付けてライセンス持ってこい」第43発 「やっぱ『コンてパン』っしょ」第44発 「中尾ピーク」第45発 「感触? 固くもなく柔らかくもなく」第46発 「師曰く『2本とも俺が買ったね』」第47発 「8月20日 開戦の日」

SUGAR(シュガー)(7)

新井英樹

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第48発 「月の夜、ヒミツの迷宮へ」第49発 「アブク――あまりに繊細な」第50発 「ちょっとトクした目撃情報」第51発 「エイトビートのカスタネット」第52発 「まぁ 価値観の違いと言いますか・・・・」第53発 「Real in Tokyo」第54発 「花はどこにいったの」第55発 「世界のまんなかで『なに』を叫ぶ?」

SUGAR(シュガー)(8)

新井英樹

破天荒だが人気者・石川凜、16歳。人は彼を「天才」という。高校を中退し板前を目指し上京するもボクシングに出会い圧倒的才能を開花させていく。凜と出会った者たちは瞬間的に類まれなその才能に気づく――。動体視力、反射神経、凜はボクサーになるべく能力を持ち合わせていた。ひとりの天才少年がプロボクサーへの道をひたすらに突き進む物語の幕が開ける――。■目次■第56発 「最上京、奮起編」第57発 「青は藍より出でて」第58発 「成長・・・・!? してますとも」第59発 「♪夢でもし逢えたら×××なことね」第60発 「『リング』・・・・四角いほうの」第61発 「全然へーキ、余裕楽勝軽い軽い」第62発 「『何たら』からの物体X」第63発 「ところで お前は どなた?」第64発 「ジュワッとトロけて 中出し中」第65発 「ボクサー始めました」

マンガ

ジャンル一覧から探す

この先は、18歳以上推奨です。
一部暴力的または性的な描写があります。
マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む
今後表示しない

この作品は、18歳以上推奨です。
一部暴力的または性的な描写があります。
マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む
今後表示しない