⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

華散るが如く(12)

あらすじ

私を呼び出したのは蒼桐さんだった。一体何の用だろう。もしや蛇さんから手を引けと…?「今日ぬし様をお呼びだてしたのは、ぬし様にしか頼めないお願いがあったからでありんす」私にお願い…?「蛇様の事を…お願いしんす」どういう…意味?真意を測りかねている私に蒼桐さんは、そっと髪をかき上げ首元を見せてきた。「ご覧になっておくんなんし」そこには、広がりつつある唐瘡の跡が…。美しくも悲しき二人の花魁の恋に遂に決着の時が…!感動の最終夜!!

詳細を表示

あらすじ

私を呼び出したのは蒼桐さんだった。一体何の用だろう。もしや蛇さんから手を引けと…?「今日ぬし様をお呼びだてしたのは、ぬし様にしか頼めないお願いがあったからでありんす」私にお願い…?「蛇様の事を…お願いしんす」どういう…意味?真意を測りかねている私に蒼桐さんは、そっと髪をかき上げ首元を見せてきた。「ご覧になっておくんなんし」そこには、広がりつつある唐瘡の跡が…。美しくも悲しき二人の花魁の恋に遂に決着の時が…!感動の最終夜!!

詳細を表示

シリーズ

マンガ一覧

ジャンル一覧

TOP