⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

エコノミスト
5月24日号

週刊

出版社
毎日新聞出版
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/08/15まで

目次

〔週刊エコノミスト〕ご利用のご案内
〔闘論席〕古賀茂明
〔2022年の経営者〕編集長インタビュー 澤田純 NTT社長
〔週刊エコノミスト目次〕1
〔週刊エコノミスト目次〕2
〔FOCUS〕資源高と円安の恩恵 大手商社7社が過去最高益 「投資のプロ」の真価が問われる=金山隆一/木原正裕 みずほフィナンシャルグループ社長 「社員の意見を吸い上げ改革。環境課題の解決は商機だ」
〔特集〕相続&登記 予期せぬ税負担の危険 来春の大変革に備えよ=村田晋一郎
〔特集〕相続&登記 遺言書 手続きは簡素で割安 自筆証書遺言の保管制度=飽津史隆
〔特集〕相続&登記 相続登記 2年後に申請を義務化 違反ならば過料10万円=増尾知恵
〔特集〕相続&登記 相続登記 まずは登記簿の名義確認を ねずみ算式に増える相続人=村山澄江
〔特集〕相続&登記 共有ルール 所在不明の共有者がいても財産の処分促す新制度=吉田修平
〔特集〕相続&登記 ゼロから分かる相続・登記Q&A=飽津史隆
〔東奔政走〕ローマ教皇と会い「非核」アピール 広島サミットに岸田首相が意欲=及川正也
〔株式市場が注目!海外企業〕/30 ヤム・チャイナ(百勝中国) ケンタッキーやピザハットを宅配=富岡浩司
〔情熱人〕/30 4年ぶりの小説『二千億の果実』 宮内勝典 作家
〔言言語語〕~5/5
〔編集後記〕和田肇/北條一浩
〔書評〕『WORLD WITHOUT WORK AI時代の新「大きな政府」論』 評者・諸富徹/『大東亜共栄圏のクールジャパン 「協働」する文化工作』 評者・近藤伸二
〔書評〕話題の本 『中国が世界を牛耳る100の分野』ほか
〔書評〕読書日記 速すぎる現代社会にゆったりした生物時間を=高部知子
〔書評〕歴史書の棚 日中台で生きた音楽家 戦争に翻弄されたその生涯=加藤徹/永江朗の出版業界事情 書店で電子書籍販売の実験スタート
〔社告〕下山進『2050年のジャーナリスト』
〔ワシントンDC〕WASHINGTON D.C. 米国を席巻する言葉遊び 「ワードル」狂騒の背景=小林知代
〔中国視窓〕チャイナウオッチ ゼロコロナ政策で広がる混乱 背景に指導部の内部抗争=金子秀敏
〔論壇・論調〕迫る景気後退、続くインフレ 英経済を覆う暗雲=増谷栄一
〔ザ・マーケット〕東京市場 ストラテジストが読む 相場は守り局面、通信株に注目=藤戸則弘/NY市場 金利の先行き不透明感との戦い=堀古英司
〔ザ・マーケット〕中国株 年初来で20.7%の急落=斎藤尚登/ドル・円 ドル高・円安ペースは鈍化へ=深谷幸司
〔ザ・マーケット〕プラチナ 下値固めて長期上昇=中山修二/長期金利 0.25%からの低下は限定的=徳勝礼子
〔特集〕相続&登記 当該不動産のみ対象 財産管理制度を新設=横山宗祐
〔特集〕相続&登記 相続財産の管理制度 相続のあらゆる局面で空き家の保全・処分可能に=嶋津保/相続&登記 所有者不明土地の特措法 再エネも災害備蓄倉庫も塩漬け土地での建設可能に=編集部
〔特集〕相続&登記 相続・遺贈の土地 該当者・土地状況などの一定要件で国庫帰属が可能=岩下明弘
〔独眼経眼〕米国の逆イールドは恐れるに足らず=渡辺浩志
〔AIで統計先読み〕日本の未来 第66回 完全失業率/自動車販売台数=ゼノデータ・ラボ
〔エコノミストリポート〕プーチン愛国主義の産物 人気作家に広がるプーチン支持 政権批判が薄れたロシア文学=松下隆志
〔鎌田浩毅の役に立つ地学〕/99 核、マントル、地殻の分化 温度差が多様な環境の源泉に
〔挑戦者2022〕桜庭喜行 バリノス代表取締役CEO 子宮内の細菌検査で不妊に挑む
〔WORLD・WATCH〕ニュ―ヨーク 金融街にレンタルビデオ店復活=津山恵子/カリフォルニア 使い捨て容器の使用を全面禁止=土方細秩子
〔WORLD・WATCH〕ミャンマー 踏みとどまる日本企業=増田篤/シンガポール 再生水のクラフトビールが好評=清水美雪
〔WORLD・WATCH〕豪州 秋の連休、公共交通がタダに=守屋太郎/英国 人工肉フードの販売促進=酒井元実
〔小川仁志の哲学でスッキリ問題解決〕/128 あいさつで上司としての信条を話したら反応が悪いのですが
〔社告〕佐藤優『佐藤優の裏読み!国際関係論』
〔社告〕藁谷友紀『スマート物流』/角道裕司『証券会社とつむぐ「地方創生」の物語』/早川周作『琉球アスティーダの奇跡』

目次を表示

出版社
毎日新聞出版
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2022/08/15まで

目次

〔週刊エコノミスト〕ご利用のご案内
〔闘論席〕古賀茂明
〔2022年の経営者〕編集長インタビュー 澤田純 NTT社長
〔週刊エコノミスト目次〕1
〔週刊エコノミスト目次〕2
〔FOCUS〕資源高と円安の恩恵 大手商社7社が過去最高益 「投資のプロ」の真価が問われる=金山隆一/木原正裕 みずほフィナンシャルグループ社長 「社員の意見を吸い上げ改革。環境課題の解決は商機だ」
〔特集〕相続&登記 予期せぬ税負担の危険 来春の大変革に備えよ=村田晋一郎
〔特集〕相続&登記 遺言書 手続きは簡素で割安 自筆証書遺言の保管制度=飽津史隆
〔特集〕相続&登記 相続登記 2年後に申請を義務化 違反ならば過料10万円=増尾知恵
〔特集〕相続&登記 相続登記 まずは登記簿の名義確認を ねずみ算式に増える相続人=村山澄江
〔特集〕相続&登記 共有ルール 所在不明の共有者がいても財産の処分促す新制度=吉田修平
〔特集〕相続&登記 ゼロから分かる相続・登記Q&A=飽津史隆
〔東奔政走〕ローマ教皇と会い「非核」アピール 広島サミットに岸田首相が意欲=及川正也
〔株式市場が注目!海外企業〕/30 ヤム・チャイナ(百勝中国) ケンタッキーやピザハットを宅配=富岡浩司
〔情熱人〕/30 4年ぶりの小説『二千億の果実』 宮内勝典 作家
〔言言語語〕~5/5
〔編集後記〕和田肇/北條一浩
〔書評〕『WORLD WITHOUT WORK AI時代の新「大きな政府」論』 評者・諸富徹/『大東亜共栄圏のクールジャパン 「協働」する文化工作』 評者・近藤伸二
〔書評〕話題の本 『中国が世界を牛耳る100の分野』ほか
〔書評〕読書日記 速すぎる現代社会にゆったりした生物時間を=高部知子
〔書評〕歴史書の棚 日中台で生きた音楽家 戦争に翻弄されたその生涯=加藤徹/永江朗の出版業界事情 書店で電子書籍販売の実験スタート
〔社告〕下山進『2050年のジャーナリスト』
〔ワシントンDC〕WASHINGTON D.C. 米国を席巻する言葉遊び 「ワードル」狂騒の背景=小林知代
〔中国視窓〕チャイナウオッチ ゼロコロナ政策で広がる混乱 背景に指導部の内部抗争=金子秀敏
〔論壇・論調〕迫る景気後退、続くインフレ 英経済を覆う暗雲=増谷栄一
〔ザ・マーケット〕東京市場 ストラテジストが読む 相場は守り局面、通信株に注目=藤戸則弘/NY市場 金利の先行き不透明感との戦い=堀古英司
〔ザ・マーケット〕中国株 年初来で20.7%の急落=斎藤尚登/ドル・円 ドル高・円安ペースは鈍化へ=深谷幸司
〔ザ・マーケット〕プラチナ 下値固めて長期上昇=中山修二/長期金利 0.25%からの低下は限定的=徳勝礼子
〔特集〕相続&登記 当該不動産のみ対象 財産管理制度を新設=横山宗祐
〔特集〕相続&登記 相続財産の管理制度 相続のあらゆる局面で空き家の保全・処分可能に=嶋津保/相続&登記 所有者不明土地の特措法 再エネも災害備蓄倉庫も塩漬け土地での建設可能に=編集部
〔特集〕相続&登記 相続・遺贈の土地 該当者・土地状況などの一定要件で国庫帰属が可能=岩下明弘
〔独眼経眼〕米国の逆イールドは恐れるに足らず=渡辺浩志
〔AIで統計先読み〕日本の未来 第66回 完全失業率/自動車販売台数=ゼノデータ・ラボ
〔エコノミストリポート〕プーチン愛国主義の産物 人気作家に広がるプーチン支持 政権批判が薄れたロシア文学=松下隆志
〔鎌田浩毅の役に立つ地学〕/99 核、マントル、地殻の分化 温度差が多様な環境の源泉に
〔挑戦者2022〕桜庭喜行 バリノス代表取締役CEO 子宮内の細菌検査で不妊に挑む
〔WORLD・WATCH〕ニュ―ヨーク 金融街にレンタルビデオ店復活=津山恵子/カリフォルニア 使い捨て容器の使用を全面禁止=土方細秩子
〔WORLD・WATCH〕ミャンマー 踏みとどまる日本企業=増田篤/シンガポール 再生水のクラフトビールが好評=清水美雪
〔WORLD・WATCH〕豪州 秋の連休、公共交通がタダに=守屋太郎/英国 人工肉フードの販売促進=酒井元実
〔小川仁志の哲学でスッキリ問題解決〕/128 あいさつで上司としての信条を話したら反応が悪いのですが
〔社告〕佐藤優『佐藤優の裏読み!国際関係論』
〔社告〕藁谷友紀『スマート物流』/角道裕司『証券会社とつむぐ「地方創生」の物語』/早川周作『琉球アスティーダの奇跡』

目次を表示

バックナンバー

エコノミスト 5月17日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 5月3・10日合併号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 4月26日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 4月19日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 4月12日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 4月5日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 3月29日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 3月22日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 3月15日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 3月8日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 3月1日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 4月14日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。


雑誌説明

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

雑誌一覧

TOP