⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

エコノミスト
3月12日号

週刊

出版社
毎日新聞出版
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2024/06/03まで

目次

〔週刊エコノミスト〕ご利用のご案内
〔闘論席〕古賀茂明
〔2024年の経営者〕編集長インタビュー 菅野等 電源開発(Jパワー)社長
〔週刊エコノミスト目次〕1
〔週刊エコノミスト目次〕2
〔社告〕西垣通『デジタル社会の罠 生成AIは日本をどう変えるか』
〔特集〕トランプ再び 選挙の構図 「決戦の火曜日」候補者選び本格化 深刻な政治システムの機能不全=編集部
〔特集〕トランプ再び 地球温暖化 米国で強まる気候変動の懸念 トランプ再選でも潮流は不変=亀山康子
〔特集〕トランプ再び インフレ 国民の不満突くトランプ氏 賃金上昇不発で家計に負担=岩田太郎
〔特集〕トランプ再び 民主党の焦燥 岩盤支持層の黒人が離反 看板の「弱者救済」色あせ=山岸敬和
〔特集〕トランプ再び 移民問題 非合法移民は1日1万人に 寛容な民主をトランプ氏攻撃=井上祐介
〔特集〕トランプ再び 第3の候補浮上 「老老対決」に有権者が嫌気 ケネディ氏、チェイニー氏有力=西山隆行
〔特集〕トランプ再び 日本の針路 トランプ復活で中国包囲網は崩壊 「対米一辺倒」が一転、リスクに=武田淳
〔東奔政走〕「ミスター政治改革」と宏池会 3000万円の責任取らぬ首相=野口武則
〔学者が斬る・視点争点〕模倣品を味方に変える競争戦略=岸本太一
〔株式市場が注目!海外企業〕/107 亜徳客国際集団 台湾の空圧機器大手=富岡浩司
〔情熱人〕/107 「すべて、至るところにある」 リム・カーワイ 映画監督
〔現代資本主義の展開〕マルクス主義への懐疑と批判 第14回 グループ間の利害で考える経済政策の政治学=小宮隆太郎
〔言言語語〕~2/21
〔編集後記〕稲留正英/荒木涼子
〔書評〕『低PBR株の逆襲』 評者・平山賢一/『台湾の半世紀 民主化と台湾化の現場』 評者・近藤伸二
〔書評〕話題の本 『すくえた命 太宰府主婦暴行死事件』ほか
〔書評〕読書日記 寄付という文化を通じて社会問題に関心が湧く=荻上チキ
〔書評〕歴史書の棚 反自民はなぜ弱いのか 約30年の参与観察の記録=井上寿一/海外出版事情 中国 いまだに遠き日中の相互理解!=菱田雅晴
〔ワシントンDC〕WASHINGTON D.C. LNG輸出の承認停止巡り論戦 背後には民主党内の政治的均衡=平田智之
〔中国視窓〕チャイナウオッチ 輸出品の高度化など貿易強化 西側も新興国も高まる摩擦リスク=岸田英明
〔論壇・論調〕トランプ関税で世帯負担39万円増 大統領復帰なら世界秩序に脅威の声=岩田太郎
〔ザ・マーケット〕東京市場 ストラテジストが読む 日本株、新高値で長期上昇相場へ=三宅一弘/NY市場 メガテック銘柄が株高を主導=橋本真拓
〔ザ・マーケット〕米国株 最高値更新へ再挑戦=今井正之/ドル・円 国益に資する円安=宇野大介
〔ザ・マーケット〕プラチナ 底値水準から反発か=吉田哲/長期金利 0.7~0.8%台の推移=広兼千晶
〔ザ・マーケット〕マーケット指標
〔ザ・マーケット〕今週のポイント 欧州中央銀行(ECB)理事会(3月7日) 利下げの示唆はあるか=高山武士/向こう2週間の材料 3/4~15
〔ザ・マーケット〕経済データ
〔特集〕トランプ再び NATO駐留米軍の削減焦点 ウ戦争はロシア優位に停戦か=渡部恒雄
〔特集〕トランプ再び ウクライナ戦争 戦争誘発の責任は米国にあり トランプ氏なら終結へ道筋=東郷和彦
〔エコノミストリポート〕若者の格差 所得と分配 20・30代若者の貧困が増加 世代内で経済格差が拡大=坂田紘野
〔特集〕空飛ぶクルマ 1000兆円市場がテークオフ=稲留正英
〔特集〕空飛ぶクルマ 機体の安全性 「空飛ぶクルマ」に生みの苦しみ 型式証明と耐空証明の高いハードル=千田泰弘
〔独眼経眼〕名目賃金の伸び悩みは本当なのか=斎藤太郎
〔鎌田浩毅の役に立つ地学〕/176 日本の活断層/4 濃尾断層帯(岐阜・福井県) 世界最大級の内陸直下型地震も
〔挑戦者2024〕清水映輔 OUI代表取締役 スマホ自体が目の診察器具
〔WORLD・WATCH〕ニューヨーク 子どもは大喜び、授業はダウン=冷泉彰彦/カリフォルニア 自動運転車が「炎上」=中島和宏
〔WORLD・WATCH〕台湾 中高生に「心の休暇」=林哲平/シンガポール 湾岸部の観光、さらに進化=清水美雪
〔WORLD・WATCH〕インド EV製造拠点の集積進む=浜崎翔太/英国 生前譲位となるか否か=酒井元実
〔社告〕黒木亮『兜町の男 清水一行と日本経済の80年』
〔小川仁志の哲学でスッキリ問題解決〕/203 60代で独身。周囲が気になり恋愛することにちゅうちょします
〔アートな時間〕映画 ビニールハウス 病みつつ前向きに生きる女性 描かれる社会の歪みを直視せよ=寺脇研/舞台 パルコ・プロデュース「リア王」 S・ホームズ×段田安則 期待のタッグで観る王国の悲劇=濱田
〔グラフの声を聞く〕内閣不支持率と為替、株価は連動=市岡繁男

目次を表示

出版社
毎日新聞出版
ジャンル
週刊誌・実話・ビジネス
配信期間
2024/06/03まで

目次

〔週刊エコノミスト〕ご利用のご案内
〔闘論席〕古賀茂明
〔2024年の経営者〕編集長インタビュー 菅野等 電源開発(Jパワー)社長
〔週刊エコノミスト目次〕1
〔週刊エコノミスト目次〕2
〔社告〕西垣通『デジタル社会の罠 生成AIは日本をどう変えるか』
〔特集〕トランプ再び 選挙の構図 「決戦の火曜日」候補者選び本格化 深刻な政治システムの機能不全=編集部
〔特集〕トランプ再び 地球温暖化 米国で強まる気候変動の懸念 トランプ再選でも潮流は不変=亀山康子
〔特集〕トランプ再び インフレ 国民の不満突くトランプ氏 賃金上昇不発で家計に負担=岩田太郎
〔特集〕トランプ再び 民主党の焦燥 岩盤支持層の黒人が離反 看板の「弱者救済」色あせ=山岸敬和
〔特集〕トランプ再び 移民問題 非合法移民は1日1万人に 寛容な民主をトランプ氏攻撃=井上祐介
〔特集〕トランプ再び 第3の候補浮上 「老老対決」に有権者が嫌気 ケネディ氏、チェイニー氏有力=西山隆行
〔特集〕トランプ再び 日本の針路 トランプ復活で中国包囲網は崩壊 「対米一辺倒」が一転、リスクに=武田淳
〔東奔政走〕「ミスター政治改革」と宏池会 3000万円の責任取らぬ首相=野口武則
〔学者が斬る・視点争点〕模倣品を味方に変える競争戦略=岸本太一
〔株式市場が注目!海外企業〕/107 亜徳客国際集団 台湾の空圧機器大手=富岡浩司
〔情熱人〕/107 「すべて、至るところにある」 リム・カーワイ 映画監督
〔現代資本主義の展開〕マルクス主義への懐疑と批判 第14回 グループ間の利害で考える経済政策の政治学=小宮隆太郎
〔言言語語〕~2/21
〔編集後記〕稲留正英/荒木涼子
〔書評〕『低PBR株の逆襲』 評者・平山賢一/『台湾の半世紀 民主化と台湾化の現場』 評者・近藤伸二
〔書評〕話題の本 『すくえた命 太宰府主婦暴行死事件』ほか
〔書評〕読書日記 寄付という文化を通じて社会問題に関心が湧く=荻上チキ
〔書評〕歴史書の棚 反自民はなぜ弱いのか 約30年の参与観察の記録=井上寿一/海外出版事情 中国 いまだに遠き日中の相互理解!=菱田雅晴
〔ワシントンDC〕WASHINGTON D.C. LNG輸出の承認停止巡り論戦 背後には民主党内の政治的均衡=平田智之
〔中国視窓〕チャイナウオッチ 輸出品の高度化など貿易強化 西側も新興国も高まる摩擦リスク=岸田英明
〔論壇・論調〕トランプ関税で世帯負担39万円増 大統領復帰なら世界秩序に脅威の声=岩田太郎
〔ザ・マーケット〕東京市場 ストラテジストが読む 日本株、新高値で長期上昇相場へ=三宅一弘/NY市場 メガテック銘柄が株高を主導=橋本真拓
〔ザ・マーケット〕米国株 最高値更新へ再挑戦=今井正之/ドル・円 国益に資する円安=宇野大介
〔ザ・マーケット〕プラチナ 底値水準から反発か=吉田哲/長期金利 0.7~0.8%台の推移=広兼千晶
〔ザ・マーケット〕マーケット指標
〔ザ・マーケット〕今週のポイント 欧州中央銀行(ECB)理事会(3月7日) 利下げの示唆はあるか=高山武士/向こう2週間の材料 3/4~15
〔ザ・マーケット〕経済データ
〔特集〕トランプ再び NATO駐留米軍の削減焦点 ウ戦争はロシア優位に停戦か=渡部恒雄
〔特集〕トランプ再び ウクライナ戦争 戦争誘発の責任は米国にあり トランプ氏なら終結へ道筋=東郷和彦
〔エコノミストリポート〕若者の格差 所得と分配 20・30代若者の貧困が増加 世代内で経済格差が拡大=坂田紘野
〔特集〕空飛ぶクルマ 1000兆円市場がテークオフ=稲留正英
〔特集〕空飛ぶクルマ 機体の安全性 「空飛ぶクルマ」に生みの苦しみ 型式証明と耐空証明の高いハードル=千田泰弘
〔独眼経眼〕名目賃金の伸び悩みは本当なのか=斎藤太郎
〔鎌田浩毅の役に立つ地学〕/176 日本の活断層/4 濃尾断層帯(岐阜・福井県) 世界最大級の内陸直下型地震も
〔挑戦者2024〕清水映輔 OUI代表取締役 スマホ自体が目の診察器具
〔WORLD・WATCH〕ニューヨーク 子どもは大喜び、授業はダウン=冷泉彰彦/カリフォルニア 自動運転車が「炎上」=中島和宏
〔WORLD・WATCH〕台湾 中高生に「心の休暇」=林哲平/シンガポール 湾岸部の観光、さらに進化=清水美雪
〔WORLD・WATCH〕インド EV製造拠点の集積進む=浜崎翔太/英国 生前譲位となるか否か=酒井元実
〔社告〕黒木亮『兜町の男 清水一行と日本経済の80年』
〔小川仁志の哲学でスッキリ問題解決〕/203 60代で独身。周囲が気になり恋愛することにちゅうちょします
〔アートな時間〕映画 ビニールハウス 病みつつ前向きに生きる女性 描かれる社会の歪みを直視せよ=寺脇研/舞台 パルコ・プロデュース「リア王」 S・ホームズ×段田安則 期待のタッグで観る王国の悲劇=濱田
〔グラフの声を聞く〕内閣不支持率と為替、株価は連動=市岡繁男

目次を表示

バックナンバー

エコノミスト 3月5日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 2月20・27日合併号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 2月13日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 2月6日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 1月23・30日合併号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 1月9・16日合併号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 12月26日・1月2日合併号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 12月19日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

エコノミスト 4月14日号

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。


雑誌説明

エコノミストは毎週月曜日に毎日新聞社が発行している経済専門の週刊誌です。 1923年に創刊された週刊誌で、創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳っています。創刊以来、時流に流されず、現実を見据えた報道をするという編集方針を貫いています。 世界経済・金融をグローバルな視点で分析し、日本経済を指針するビジネス&経済誌。新聞社の持ち味を活かした鋭いニュースセンスと、深みのある解説、世の中の事象を深く掘り下げる硬派な記事が特色で、会社経営者や中間管理職、官僚、地方公務員、学者、研究者、アナリストなど40~50代のビジネスマンから支持を得ています。特に銀行・金融、マクロ経済、IT関連の記事はエコノミストの読者の関心が高い傾向にあります。経済の動向をあらゆる角度から捉え、金融情勢や資産運用などにも役立つ情報を豊富に掲載。世界経済についても分かりやすく解説しており、ダイナミックに変化するグローバル経済の情勢をタイムリーにキャッチできるビジネスリーダー必見の一冊です。 毎号の特集の他には 社会情勢や企業の動向、世界経済の他にも資産運用やスマートフォンなどのIT機器・ソフトの賢い使い方、健康、老後の住まいなどの連載・企画記事も充実しています。特に資産運用については、株、債券、FX(外国為替証拠金取引)、不動産などの基礎から実際の運用方法までを分かりやすく解説しています。

雑誌

ジャンル一覧から探す

この先は、18歳以上推奨です。
一部暴力的または性的な描写があります。
マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む
今後表示しない

この作品は、18歳以上推奨です。
一部暴力的または性的な描写があります。
マンガ・マンガ雑誌を読みますか?

読む
今後表示しない