⚠お客さまの環境はプライベートブラウズがオンになっているため、専用ビューワをご利用になれません。

ひょぼくれ文左(1)

あらすじ

時は元禄、太平の世に尾張藩(現在の名古屋付近)に朝日文左衛門という者あり。彼は26年に渡って、日々の出来事をつらつらと書き連ねていた。江戸時代、将軍綱吉の御世に生きた侍の生き生きとした姿を描く!※こちらの作品は以前配信しておりました「ひょぼくれ文左」を再編集したものです。重複購入にお気を付けください。

詳細を表示

あらすじ

時は元禄、太平の世に尾張藩(現在の名古屋付近)に朝日文左衛門という者あり。彼は26年に渡って、日々の出来事をつらつらと書き連ねていた。江戸時代、将軍綱吉の御世に生きた侍の生き生きとした姿を描く!※こちらの作品は以前配信しておりました「ひょぼくれ文左」を再編集したものです。重複購入にお気を付けください。

詳細を表示

シリーズ

ひょぼくれ文左(2)

シナリオ:土岐正造・作画:石川サブロウ

弓術師範・朝倉家の息女お慶との縁談に大慌ての文左衛門。道場に通い、師範代の娘の夫として恥ずかしくない技を身に着けなければいけないことに。さらに、お慶を先に許嫁にしたのは自分だと言う者も現れ、文左・大ピンチ!※こちらの作品は以前配信しておりました「ひょぼくれ文左」を再編集したものです。重複購入にお気を付けください。

ひょぼくれ文左(3)

シナリオ:土岐正造・作画:石川サブロウ

父から家督を継ぎ、晴れて当主となった文左衛門。しかし、まずは尾張藩藩主へのお目通りがなくば正式に家督相続とならない。つまり、いつお城に顔を出すかわからない藩主(お殿様)を延々待ち続けなければいけないのだ。月に数日だけの仕と思っていた文左衛門の最初の試練が始まった!※こちらの作品は以前配信しておりました「ひょぼくれ文左」を再編集したものです。重複購入にお気を付けください。

ひょぼくれ文左(4)

シナリオ:土岐正造・作画:石川サブロウ

年貢のために父と検見に出ることになった文左。友人から酒や食べ物をたらく食えると浮かれるぞ、といわれ浮かれているスキに刀を盗まれてしまう。侍の魂とも言える刀を無くせば、切腹を申し付けられかねない。父との検見までもう日がない。慌てる文左はさて、どうするか?※こちらの作品は以前配信しておりました「ひょぼくれ文左」を再編集したものです。重複購入にお気を付けください。

マンガ一覧

ジャンル一覧

TOP